情報統括本部ページへ

EESとOffice 365の違いについて

情報統括本部では、2種類のOffice製品を提供しており、九州大学の学生、教職員はどちらも無料で使用することができます。使用目的によって、適した製品が異なりますので、 使用目的に合った製品を使用するようにしてください。

以下に従来からの全学ソフトウェアサービス(EES)と新しいOffice 365の概要、インストール先について記載した資料(PDF)を置いています。ご利用前に必ずご一読ください。
※事前に確認されずに目的に合わない製品をインストールされた場合、変更・修正に多大なお手数をおかけすることとなります。

EESとOffice365の違い・インストールのすすめ(PDF)


EES(日本語)  EES (English site)

Microsoft Enrollment for Education Solutionsの導入により、OSを含むマイクロソフト社製品を利用できるサービスです。研究室や業務用の「大学所有PC」と個人用のメインマシンへのインストールに適しています。


Office 365 Education(日本語)  Office 365 Education(English site)
Office 365 Educaionの導入により、マイクロソフト社の最新版Officeを利用できるサービスです。PC以外のタブレットやスマートフォンにもOfficeをインストールできるので、2台目以降のサブデバイスへのインストールに適しています。 また、Office以外にもSkype for Business(ビデオ会議)やOneDrive for Business(個人用のクラウドストレージ)を利用することも出来ます。


【注意】
EESとOffice 365 Educationのお問い合わせ先はそれぞれ異なります。もし異なるお問い合わせ先にご連絡いただいた場合、正しい窓口へ連絡する間、ユーザーの皆様のお時間をいただき、 ご迷惑をおかけすることになります。お問い合わせいただく際には、事前にそれぞれのサイトでお問い合わせ先をご確認の上ご連絡いただきますようお願いいたします。