情報統括本部ページへ

情報統括本部では、九州大学の学生、職員が利用可能なソフトウェアを提供しております。Microsoft製品、Adobe製品、ウィルス対策ソフト及び利用可能な製品は下記です。

提供ソフトウェア

マイクロソフト社製品(日本語)  Microsoft software (English site)

Microsoft Enrollment for Education Solutionsの導入により、 EESを利用できます。また、Office 365 Educationの導入により、Office 365 ProPlusを利用できます。
それぞれに違いがありますので、ご利用前にご確認ください。


アドビシステムズ社製品(日本語)  Adobe software(English site)
アドビシステムズ社とCLP契約を行っておりますので、アカデミック価格よりさらに安く購入出来ます。

セキュリティ対策ソフト製品(日本語)  Anti-virus software(English site)
学内で使用するPCにシマンテック社製ウィルス対策ソフトをインストールできます。

Microsoft Imagine(日本語) Microsoft Imagine(English site)
EES契約を結んでいる本学は、特典として「教育機関向け Microsoft Imagine」が無償で提供されています。
※2016年9月7日より本サービスの名称が変更されました。詳細は以下をご確認ください。
【DreamSpark は 9月7日をもって Microsoft Imagine になります】

Proself Disk
ProselfDisk は、ファイル共有システムの利用者フォルダをパソコンの仮想ドライブとして割り付け、ローカルディスクと同じようにファイル操作を行うことができるクライアントソフトです。

Gaussian
計算化学ソフトウェアです。キャンパスライセンス(箱崎・病院・伊都・大橋・筑紫)を配布しています。

GaussView
Gaussian のグラフィカルユーザーインターフェースです。キャンパスライセンス(箱崎・病院・伊都・筑紫)を配布しています。

NagLibrary
数値計算、統計解析ライブラリです。

PROPATH
関数型の汎用熱物性値プログラムパッケージです。